「魔法を炸裂」 マンU新星、華麗な“360度ターン”からの股抜きに喝采「火を噴いた!」

1ゴール1アシストのマンUのFW【写真:AP】
1ゴール1アシストのマンUのFW【写真:AP】

18歳FWグリーンウッドが1得点1アシスト 試合中のワンプレーがEL公式の最優秀スキルに選出

 マンチェスター・ユナイテッドは現地時間7日、UEFAヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第4節で日本代表MF浅野拓磨が所属するパルチザンと対戦し、ホームで3-0と勝利を収めた。18歳FWメイソン・グリーンウッドは1得点1アシストを記録する大車輪の活躍を見せたが、EL公式インスタグラムはグリーンウッドが披露した華麗な“360度ターン”からの股抜き突破をこの日の最優秀スキルに選出している。

 今季のプレミアリーグでは開幕から11試合で早くも4敗を喫しており、10位に沈んでいるユナイテッドだが、この日はビッグクラブとしての意地を見せた。前半21分、グリーンウッドが豪快に左足を振り抜き先制点を奪うと、同33分、果敢にハイプレスをかけるグリーンウッドが相手のロングフィードをブロックすると、こぼれ球をフランス代表FWアンソニー・マルシアルが拾って追加点をあげた。

 結果的に1ゴール1アシストの活躍を残すことになったグリーンウッドだが、EL公式はこの日の最優秀スキルを選ぶ「スキル・オブ・ザ・デイ」にも、18歳新星が披露した圧巻のテクニックを選出。右サイドでボールを拾ったグリーンウッドは、華麗なマルセイユルーレットで相手選手をかわすと、さらに詰めてきたもう1人の選手を股抜きして振り切った。

 コメント欄では「特別な才能の持ち主」「魔法を炸裂させた」「愛すべき少年」「素晴らしい!」「火を噴いた!」とファンからも反響が寄せられていた。ユナイテッドはリーグ戦の不振とは対照的に、ELでは4試合を終えて早々に決勝トーナメント進出を決めた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング