大槻監督、鹿島の選手を突き飛ばして一発退場 試合も0-1で敗れて残留争いから脱せず

浦和の大槻毅監督【写真:高橋学】
浦和の大槻毅監督【写真:高橋学】

初先発のGK福島が奮闘も後半27分に鹿島FWセルジーニョに決勝点を献上

 首位の鹿島アントラーズが、浦和レッズをホームに迎え撃った1日のJ1第30節で1-0の勝利を挙げ、着実に勝ち点3を積み上げた。

 浦和はAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の決勝に進出したことで日程が大幅に変更となり、第31節の前倒し開催サンフレッチェ広島戦から中2日、一方の鹿島は休養十分でこのゲームに臨んだ。浦和はスタメンの半分ほどがターンオーバー起用され、GK西川周作がACL決勝の初戦が出場停止という事情からもGK福島春樹がリーグ戦初出場してJ1デビューとなった。一方の鹿島は、MF三竿健斗とMFレオ・シルバの2ボランチが負傷明けでスタメン出場した。

 立ち上がりは浦和がやや攻め込む時間があったが、前半15分くらいからは鹿島が浦和陣内に攻め込む時間が長い展開になった。その中ではMF遠藤康にペナルティーエリアの境界線付近からフリーでシュートを打つチャンスが2回ほどあったが、いずれもGK福島の正面に飛んだ。両チームともに、これといった決定機のないまま前半は0-0で終了した。

 後半に入ると浦和は15分過ぎ、8月23日の松本山雅FC戦以来の復帰となったMF柏木陽介のコーナーキックから立て続けにDF槙野智章とFW杉本健勇がヘディングシュートを狙う場面があったが、いずれもゴール枠を捕らえられなかった。鹿島の大岩剛監督は同20分に遠藤に代えてFWセルジーニョを送り込んだ。

 すると、そのブラジル人ストライカーが試合を動かした。同27分、鹿島は両サイドに揺さぶる攻撃から最後はゴール正面からFW土居聖真がミドルシュート。混戦のなかを抜けてきたボールは福島がファインセーブしたが、こぼれ球をセルジーニョが蹴り込んで貴重な先制点となった。

 浦和の大槻毅監督は1点ビハインドになると立て続けにエースFW興梠慎三とMF長澤和輝を投入した。

 その中で同40分、浦和が攻撃した場面でボールは左サイドのタッチライン付近にクリアされると、浦和MFエヴェルトンと鹿島DF永木亮太が追いかけた。タッチライン外で永木がエヴェルトンを倒した形になった場面で大槻監督は永木を突き飛ばし、それを契機に両軍が入り乱れて一触即発の事態に。落ち着きを取り戻したところで荒木友輔レフェリーは大槻監督にレッドカードを提示し、退場処分になった。

 指揮官を欠いた浦和は残り時間で追いつくことはできず。そのまま鹿島が1-0で勝利し、明日が試合の2位FC東京に対して勝ち点3差としてのプレッシャーをかけることに成功した。一方の浦和は勝ち点36から伸ばせず、J1残留争いの中で周囲から抜け出すポイントを積むことはできなかった。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング