「野蛮人」 バルサへの非難がエスカレート、“汚すぎるロッカー”への揶揄を独紙指摘

バルサと対戦したスラビア・プラハのホームスタジアム【写真:Getty Images】
バルサと対戦したスラビア・プラハのホームスタジアム【写真:Getty Images】

SNS上でファン非難 独紙も見解「プラハの清掃スタッフも意見に同意する必要がある」

「多くの人々はチェコの首都にバルセロナのビッグスターたちがやって来た時はハッピーだったかもしれない。しかし、少なくともホストチームは試合後すぐに会いたくはないだろう。ゴミの山、飲みかけのボトルとカップ、ぐちゃぐちゃの戦術シート、散らかったシャワー室…。『野蛮人、それ以外の何物でもない』。ツイッターユーザーの厳しい評価だ。プラハの清掃スタッフもこの意見に同意する必要がある」

 記事では、バルセロナへの“ロールモデル”として、日本代表が今年開催されたアジアカップの決勝で、カタールに敗れた後にもかかわらずロッカーを綺麗に整理整頓、さらには感謝のメッセージを残したことを紹介している。

 バルセロナの選手たちは、ここまで騒動が大きくなるとは想像していなかったのかもしれない。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング