レアル、ムバッペ“獲得資金”の鍵は久保建英? スペイン紙が指摘「すべての財力を…」

(左から)ダニ・セバージョス、マルティン・エデゴー、アクラフ・ハキミ、セルヒオ・レギオン【写真:Getty Images】
(左から)ダニ・セバージョス、マルティン・エデゴー、アクラフ・ハキミ、セルヒオ・レギオン【写真:Getty Images】

補強ポイントはローンバック組でカバー

 レアルのフロレンティーノ・ペレス会長はムバッペの引き抜きに執心しているとも報じられており、今後の移籍市場でレアルがフランス代表FW獲得に動くことは確実と見られている。ムバッペの移籍金は数百億円に上ることも予想されるが、その他の補強ポイントをローンバックの選手でカバーすれば、一点集中でムバッペ獲得を目指すことができると考えられているようだ。

 ローン組だけでなく、ヴィニシウスやウルグアイ代表MFフェデリコ・バルベルデといった若い力が台頭を見せているレアル。大物選手を集めるだけではなく、先を見据えた「長期的な戦略も成果をあげている」と高く評価されている。スター選手の獲得と若手への先行投資によって、より盤石な体制を築くことができる。

 “銀河系軍団化”だけではないレアルの補強策に今後も注目だ。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)


page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング