マジョルカ、最下位レガネスに黒星 途中出場の久保は果敢なドリブル披露も初得点はお預け

マジョルカMF久保建英【写真:Getty Images】
マジョルカMF久保建英【写真:Getty Images】

後半14分から右サイドでプレー 果敢にドリブルを仕掛けるもチャンス創出はならず

 スペイン1部マジョルカは現地時間26日、リーガ第10節で最下位レバンテと対戦。日本代表MF久保建英は1点ビハインドの後半14分から登場したが、ゴールに絡むことができずチームも0-1で敗れた。

 開幕9戦で2分7敗と最下位に沈み、暫定監督の元で試合を迎えたレガネスのホームに乗り込んだ15位のマジョルカ。なかなか相手を崩せずにいると、前半31分に左サイドからクロスを上げられ、最後はデンマーク代表FWマルティン・ブライトバイテに押し込まれてレガネスに先制を許した。

 3戦連続ベンチスタートとなった久保に出番が回ってきたのは、1点ビハインドの後半14分。前節レアル・マドリード戦(1-0)と同じくスペイン人MFダニ・ロドリゲスに代わって右サイドハーフに入ると、守備を意識しながら徐々に攻撃のギアを上げていく。

 スペイン人DFジョアン・サストレとの連係が合わずボールが持てなかったなか、後半26分には右サイドでドリブル突破。ゴールライン際をえぐって折り返そうとするも、パスまで持ち込めなかった。

 その後、球際で何度もファイトするシーンのあった久保。後半42分には右サイドからカットインし、ダブルタッチでペナルティーエリア内への侵入を試みたが相手に潰されてチャンス創出ならず。またもやリーガ初ゴールはお預けとなり、チームも最下位レガネスに0-1で痛い黒星を喫した。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング