「最後は僕が止めようと」 ルヴァン杯大会MVPにPK2本阻止の川崎GK新井が選出!

川崎GK新井章太がルヴァンカップMVPに!【写真:高橋学】
川崎GK新井章太がルヴァンカップMVPに!【写真:高橋学】

大会得点王は札幌FW鈴木が獲得

 日本の国内三大タイトルの一つ、ルヴァン杯の決勝が26日に埼玉スタジアムで行われ、コンサドーレ札幌と川崎フロンターレの対戦は、両チーム一歩も譲らない点の取り合いの末に3-3で延長戦を終え、PK戦を5-4で制した川崎が5回目の挑戦で初優勝を決めた。大会MVPは、川崎のGK新井章太が選出された。

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の出場により準々決勝から登場した川崎。新井はこのルヴァン杯で、リーグ戦のレギュラーであるGKチョン・ソンリョンを押さえて全試合に出場した。そして決勝戦ではPK戦で、決められれば敗戦の5人目で札幌DF石川直樹のキックをストップすると、続く6人目のDF進藤亮佑のキックもセーブして優勝を引き寄せた。

 新井は受賞後のインタビューで「最高です!」と喜びを表すと「最後まで選手たちみんなが戦ってくれたので、最後は僕が止めようと思いました。サポーターの皆さんと今日一日を喜びたい」と話した。 

 また、大会得点王は7得点した札幌の日本代表FW鈴木武蔵が獲得。ニューヒーロー賞にはガンバ大阪で5試合3得点の活躍を見せ、オランダ1部トゥウェンテに移籍した19歳FW中村敬斗が選出されている。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング