バロンドール候補者30名が決定! CL王者リバプールから7選手…モドリッチは史上初の屈辱

バロンドール候補30人が発表された【写真:Getty Images】
バロンドール候補30人が発表された【写真:Getty Images】

前年受賞者の候補者リスト漏れは初の出来事 レアルからはベンゼマとアザールのみ

 フランスのサッカー専門誌「フランス・フットボール」が2019年度のバロンドール候補者30名を発表した。UEFAのチャンピオンズリーグ(CL)王者のリバプールから最多7選手が選出されるなど、ビッグネームがずらりと並ぶなか、2018年の受賞者であるクロアチア代表MFルカ・モドリッチ(レアル・マドリード)はリストから外れた。前年受賞者が候補者リストから漏れたのは同賞史上初の出来事となった。

 バロンドールは各国ジャーナリストの投票によって選出され、今年は12月2日に授賞式が行われる。昨年は、クロアチア代表でロシア・ワールドカップ(W杯)準優勝に貢献するなど出色の活躍だったモドリッチが初受賞し、10年間続いたアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(バルセロナ)とポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)の2強時代に終止符が打たれた。

 今年は16年ぶりにCLを制したリバプールからオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクやエジプト代表FWモハメド・サラーら最多7人。次いでプレミアリーグ王者のマンチェスター・シティからベルギー代表MFケビン・デ・ブライネなど5人が選ばれている。

 そのなかでレアル・マドリードからは元フランス代表FWカリム・ベンゼマと今夏にチェルシーから加入したベルギー代表MFエデン・アザールの2人のみで、モドリッチは選外だった。バロンドールの歴史上、前年受賞者がノミネート30名から外れるのは史上初。33歳でバロンドール初受賞を果たした栄光から1年、今度は屈辱的な史上初を味わう結果となった。

 ファン・ダイクが有力候補とも言われる今年のバロンドール。トロフィーを手にするのは一体どの選手になるだろうか。

 候補者30名は以下の通り。

【リバプール】
フィルジル・ファン・ダイク、ロベルト・フィルミーノ、アリソン、ジョルジニオ・ワイナルドゥム、トレント=アレクサンダー・アーノルド、サディオ・マネ、モハメド・サラー

【マンチェスター・シティ】
ケビン・デ・ブライネ、リヤド・マフレズ、ベルナルド・シウバ、セルヒオ・アグエロ、ラヒーム・スターリング

【バルセロナ】
リオネル・メッシ、アントワーヌ・グリーズマン、マルク=アンドレ・テア・シュテーゲン、フレンキー・デヨング

【レアル・マドリード】
カリム・ベンゼマ、エデン・アザール

【トットナム】
ソン・フンミン、ウーゴ・ロリス

【アヤックス】
ドニー・ファン・デ・ベーク、ドゥサン・タディッチ

【ユベントス】
クリスティアーノ・ロナウド、マタイス・デ・リフト

【パリ・サンジェルマン】
キリアン・ムバッペ、マルキーニョス

【アトレチコ・マドリード】
ジョアン・フェリックス

【ナポリ】
カリドゥ・クリバリ

【バイエルン・ミュンヘン】
ロベルト・レバンドフスキ

【アーセナル】
ピエール=エメリク・オーバメヤン

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング