ラグビーW杯でJリーグスタジアムに脚光! 英紙が絶賛「白金で包む壮観な光景を提供」

大分スポーツ公園総合競技場【写真:Getty Images】
大分スポーツ公園総合競技場【写真:Getty Images】

イングランドの準決勝進出に伴い、英紙が会場となった大分の本拠地に注目

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は決勝トーナメントが始まり、佳境を迎えている。前回大会で日本を指揮したエディー・ジョーンズHC率いるイングランドはオーストラリアを40-16で撃破し、準決勝進出を決めたが、英メディアは会場となったJ1大分トリニータの本拠地である大分スポーツ公園総合競技場を「素晴らしい地域が、白金で包み込む壮観な光景を提供した」と称賛の言葉を送っている。

 ホスト国の日本が史上初の決勝トーナメント進出を決め、大熱狂をもたらした一方、2015年大会で日本を率いたエディー・ジョーンズHCがイングランドを3大会ぶりのベスト4へと導き、英紙「デイリー・エクスプレス」は「イングランドがW杯を制覇できるポテンシャルを示した」と見出しを打って報じている。

 一方、「Jリーグの大分トリニータのホームでもある4万人の収容人数である会場は、準々決勝の2試合を行うステージとしてはサプライズなチョイスだった」と指摘し、「大分県はラグビーよりも、この国の地中から沸き起こる天然温泉が有名だ」と説明。それでも「素晴らしい地域が、白金で包み込む壮観な光景を提供した」と、惜しみない賛辞を送っている。白熱するラグビーW杯で、Jリーグのスタジアムが思わぬスポットライトを浴びることになった。

【CL開幕!登録初月無料!】2019-20シーズンのチャンピオンズリーグ・ヨーロッパリーグもDAZNが独占配信!

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング