トットナム司令塔、なぜ来夏移籍を希望? レアルが41億円で交渉名乗り、障害は…

カギを握るのはジダン監督が獲得を望むポグバか

 エリクセンのレアル行きの障害となりえるのは、ジダン監督がマンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバ獲得を強く望んでいることだ。夏にはユナイテッドと交渉をしたが、彼らの要求額を満たすことができなかった。

 ペレス会長が「ユナイテッドは、ポグバを売却するつもりはない」と告げても、選手自身がサンティアゴ・ベルナベウへの移籍を希望していると信じるジダン監督はトップターゲットの獲得を諦めていないという。

 今回の代表活動期間でも、クロアチア代表MFルカ・モドリッチやウェールズ代表FWガレス・ベイルが負傷したレアル。会長と監督はともに1月に中盤の補強が必要だと感じているはずだが、はたして新たに白いユニフォームを着るのは、誰になるのだろうか。

【CL開幕!登録初月無料!】2019-20シーズンのチャンピオンズリーグ・ヨーロッパリーグもDAZNが独占配信!

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング