「感覚が一番違う」 浅野拓磨、“スピード系FW”ならではの人工芝の注意点とは?

浅野が持ち前のスピード発揮に意欲を覗かせた【写真:Football ZONE web】
浅野が持ち前のスピード発揮に意欲を覗かせた【写真:Football ZONE web】

天然芝とは「止まり方とか意識して変えないといけない」と体への負担軽減を考慮

 森保一監督率いる日本代表は、15日に敵地でカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選タジキスタン戦に臨む。天然芝よりも硬く、体に負担の大きい人工芝での戦いとなるが、1年1カ月ぶりの代表復帰となったFW浅野拓磨(パルチザン)は、「ELでも人工芝でやっているので特に抵抗はない」と持ち前のスピード発揮に意欲を覗かせた。

 10月のW杯予選2試合では、絶対的な存在として1トップに君臨してきたFW大迫勇也(ブレーメン)が負傷のため不在。“代役”としてFW永井謙佑(FC東京)、FW鎌田大地(フランクフルト)、浅野の3人が招集され、10日にホームで行われたモンゴル戦(6-0)は同じスピードタイプの永井が先発出場してゴールをマークと結果を残した。

 タジキスタン戦はアウェーでの戦いとなるが、会場のリパブリカン・セントラル・スタジアムが人工芝という点は大きな懸念材料だ。人工芝は天然芝よりも硬く、ボールスピードが増してパスが伸び、バウンドも大きくなる。12日の現地初トレーニングではシュート練習の際に芝で足を滑らせ、ボールをミートし損ねる選手も少なからずいた。スピードを武器とする浅野にとっても看過できない問題ながら、今季加入したセルビア1部パルチザンで出場しているUEFAヨーロッパリーグ(EL)での経験が生きると語る。

「ELでも人工芝でやっているので特に抵抗はないです。(リパブリカン・セントラル・スタジアムは)人工芝のなかでもちゃんとしていると思います」

 もっとも、「そこまで試合に影響が出るほどではない」とはいえ、天然芝からの頭の切り替えが必要だという。

「天然芝の感覚でやってしまうと、いろんな問題が出てくる。ボールの転がり方とかも違うけど、それよりも走る時、ストップする時の感覚が僕の中で一番違います。特に僕はスピード系なので、止まり方とか意識して変えないと体への負担とかも変わってくる。(人工芝は)滑るというよりは逆につっかかる感じがあると思います。ある程度気を付けつつ、でも意識しすぎもあまり良くないので、そこは感覚ですね」

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  7. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」