なぜ簡単に抜けるのか? マラドーナ、メッシ、中島…“不思議系ドリブラー”の系譜

完璧な選手ではないが…この才能がある限り中島は何かを生み出せる

 中島の場合は右足でボールを押し出した瞬間にクッと速くなるので、たぶん軸になっているほうの左足の踏み替えと送り出しが速くて強いのだと思うが、結局のところよく分からない。よく分からないが、抜けるのだけは分かる。そういう選手が一番厄介なのだと思う。ドリブルで抜く、逆を取るメカニズムが分かれば、相手もそれなりの対応はできるが、ごく普通にやっているのに止められないというのはどうにもならない。

【注目】日本代表DF吉田麻也、長い海外生活で感じる“日本人”評価 「絶対にやってはいけない」と気をつけていることは?

 サイズの小ささも、相手にとっては間合いを取りづらいのだろう。マラドーナ、メッシ、リベリーノ、ベストは皆小柄だ。もしかすると、ドリブルに向いたサイズ感というものがあるのかもしれない。

 中島は時々やりすぎてしまうし、守備もあまり上手くない。パーフェクトなプレーヤーではない。ただ、この才能がある限り中島は何かを生み出せるし、見ていても楽しい。たぶんプレーしていても楽しいと思う。欠点もあるが長所も“デカイ”中島を、どう扱っていくか。森保一監督と日本サッカーは試されているのではないか。

(西部謙司 / Kenji Nishibe)

page1 page2

西部謙司

にしべ・けんじ/1962年生まれ、東京都出身。サッカー専門誌の編集記者を経て、2002年からフリーランスとして活動。1995年から98年までパリに在住し、欧州サッカーを中心に取材した。戦術分析に定評があり、『サッカー日本代表戦術アナライズ』(カンゼン)、『戦術リストランテ』(ソル・メディア)など著書多数。またJリーグでは長年ジェフユナイテッド千葉を追っており、ウェブマガジン『犬の生活SUPER』(https://www.targma.jp/nishibemag/)を配信している。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング