なぜ簡単に抜けるのか? マラドーナ、メッシ、中島…“不思議系ドリブラー”の系譜

“不思議系ドリブラー”に挙げられた3人【写真:Getty Images】
“不思議系ドリブラー”に挙げられた3人【写真:Getty Images】

シンプルなタッチで相手を攻略、共通する初速のスピード

「ファンタスティックだった。止めようとしたが不可能だった」

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 モンゴル代表のミヒャエル・ワイス監督が「思わず拍手したくなるぐらい」と、中島翔哉について試合後に話していた。

 なんで、あんなに簡単にドリブルで抜けるんだろう? そういう選手が何人かいるが、中島もそのなかの1人だ。

 ディエゴ・マラドーナは左足の前にボールをさらしておいて、インサイドでボールを弾くように右前へ抜けていくドリブルが十八番だった。左足首のスナップの利いたドリブルは独特だが非常にシンプルで、なんであんなに簡単に抜けるのか不思議だったものだ。

 リオネル・メッシの、走り出したら止まらないドリブルも特殊だ。右から左へ斜行しているだけなのに、なぜか誰も止められないし追いつかない。場合によっては、なぜかその途上でDFがバタバタと倒れていく。

 マラドーナが憧れたというロベルト・リベリーノの“エラシコ”も印象的だった。後にロナウジーニョが復活させて有名になった「アウト→イン」の連続タッチは、もともとセルジオ越後の得意技をリベリーノが真似したのだという話も聞いたことがある。

 オールドファンにとって、ドリブルの天才と言えばジョージ・ベストだろう。切り返しのキレ味が抜群だった。特に複雑なフェイントをかけているわけではないが、リズムの変化とワケの分からないボディバランスで次々に相手を抜いていった。

「結局、速いからね」

 リベリーノに例のエラシコを食らったことがあるという風間八宏によると、「ただ、足先でやってるんじゃなくて、最初のタッチがすごくデカイ。目の前にボールが来てから戻っていくから足が出てしまう」という。

 エラシコの場合はタネがはっきりしているので、「二度目はかからないけどね」(風間)というが、確かに全員速い。最初の1、2歩が本当に速い。ただ、10メートル以上走ったらそんなに速くない。永井謙佑は3歩以上走らせたら誰も追いつけないぐらい速いが、中島は距離を走るとそこまで速い感じはない。初速と加速の違いなのだろう。

page1 page2

西部謙司

にしべ・けんじ/1962年生まれ、東京都出身。サッカー専門誌の編集記者を経て、2002年からフリーランスとして活動。1995年から98年までパリに在住し、欧州サッカーを中心に取材した。戦術分析に定評があり、『サッカー日本代表戦術アナライズ』(カンゼン)、『戦術リストランテ』(ソル・メディア)など著書多数。またJリーグでは長年ジェフユナイテッド千葉を追っており、ウェブマガジン『犬の生活SUPER』(https://www.targma.jp/nishibemag/)を配信している。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  4. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  5. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  6. 日本×エクアドル、南野や古橋でもない…現地ドイツで“一番の歓声”を受けたのは?

  7. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  8. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  9. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  10. 「心霊写真(笑)」 女子サッカー伊藤美紀、隙間からチラリのお茶目さに反響「NICEひょっこり」

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  4. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  5. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  6. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  7. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  8. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  9. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」

  10. 「え…ナニコレ」「やばい」 J1磐田の本拠スタジアムが大雨で浸水被害、水一面のロッカールームに驚き「なんじゃこりゃ」