苦心のマンUラッシュフォード、元英代表FWシアラーも同情 「最悪のチームだから…」

シアラー氏(左)がラッシュフォードに同情【写真:Getty Images】
シアラー氏(左)がラッシュフォードに同情【写真:Getty Images】

ニューカッスルに0-1で敗れて12位に後退「FWはものすごくイライラするだろう」

 かつてニューカッスルなどで活躍したイングランドのレジェンドFWアラン・シアラー氏は、今季開幕戦以来オープンプレーから得点できていないマンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードに「同情する」と話した。英地元紙「マンチェスター・イブニング・ニュース」が伝えている。

 ユナイテッドは現地時間6日、敵地で行われたプレミアリーグ第8節ニューカッスル戦に0-1で敗れた。これによりユナイテッドは、勝ち点9で12位に順位を落としている。

 この日もネットを揺らすことのできなかったラッシュフォードは自身の公式ツイッターで、今季スランプに陥っているチームの現状に心を痛めていると、胸の内を明かした。

 古巣ニューカッスルとの対戦を見たシアラー氏は、英公共放送「BBC」のサッカー番組「マッチ・オブ・ザ・デイ」でラッシュフォードについてこう語っている。

「彼に同情する。なぜなら、今のユナイテッドは私が記憶するなかでは最悪のチームだからだ。そのクオリティーの低さと、エリア内に来るボールの少なさで、FWはものすごくイライラするだろう。しかし、私は彼(ラッシュフォード)を数週間前のウェストハム戦で分析したが、その時とまったく同じことが起こっていた。動きがないんだ。まったく何も変化がないので、誰か彼に伝えているのかと不思議に思うよ」

 さらに、「彼にはエリア内に向かう動きがないし、ディフェンダーに対し、必要以上の隙を与えている」と指摘。その一方で、「彼はまだ若いし、学んでいる最中。今のチームがひどいので、彼にとってはものすごく苛立たしい時間だろうね」と同情していた。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング