韓国代表FWソン・フンミン、ナポリ移籍? 代理人は可能性を否定せず「絶対はない」

トットナムのソン・フンミン【写真:Getty Images】
トットナムのソン・フンミン【写真:Getty Images】

トッテナムで活躍するソン・フンミン、代理人ブリーマイスター氏が伊メディアで吐露

 トットナムの韓国代表FWソン・フンミンが将来的にセリエAでプレーすることになるのだろうか――。ソン・フンミンの代理人であるティース・ブリーマイスター氏がイタリアメディアに対し、「フットボールに絶対はない」としたうえで、セリエAの強豪ナポリへの移籍について言及した。

 現在27歳のソン・フンミンはハンブルガーSVの下部組織でプレーし、プロデビュー。その後、レバークーゼンを経て、2015年にトットナムへと加入した。ドイツとイングランドでキャリアを重ね、世界的なFWへと成長を遂げており、今後のさらなる成長に期待が懸かる。

 今後はどのようなステップを踏むのか。ソン・フンミンの代理人であるブリーマイスター氏はイタリアラジオ「Radio Mart」番組「Si gonfia la rete」で「私はこれまで選手をナポリへ連れていったことはないが、私のお気に入りの選手はナポリでプレーしていた(ディエゴ・)マラドーナだ。(ナポリへ)選手を連れていきたいと思っている」と語り、自身の顧客である選手をナポリへ移籍させる可能性について言及している。その内の1人であるソン・フンミンについても、その可能性を否定することはなかった。

「ソンがナポリ? フットボールに絶対はない。ソンはイタリアが好きだ。食べ物も、イタリア人のこともね。高額の移籍金が掛かるので彼をトットナムから連れ出すのは簡単ではない。だだ、将来のことは誰にも分からない」

 トットナム不動のレギュラーに定着し、昨季はチャンピオンズリーグ準優勝も経験したソン・フンミン。欧州でアジア人最高レベルの実績を誇る男のイタリア移籍が実現する日は来るのだろうか。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング