PSV堂安、2アシストの活躍を海外称賛 「最高のアクション」「素晴らしいプレッシャー」

ELで2アシストと活躍したPSVのMF堂安律【写真:Getty Images】
ELで2アシストと活躍したPSVのMF堂安律【写真:Getty Images】

ローゼンボリに4-1快勝、EL初先発の堂安が2アシストの活躍

 PSVは現地時間3日、UEFAヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第2節でローゼンボリと対戦し、4-1と大勝を収めた。欧州の舞台で初先発を飾った日本代表MF堂安律は2アシストを記録し勝利に貢献したが、海外メディアは「最高のアクション」「素晴らしいプレッシャー」と称賛を送っている。

 試合はPSVが前半14分、37分とゴールを奪うと、同41分に高い位置でボールを拾った堂安がドリブルで運び、FWドニエル・マレンへとラストパスを供給して3点目を演出した。さらに3-1で迎えた後半33分、敵陣でインターセプトした堂安が絶妙なスルーパスを送ると、マレンが再びゴールを奪った。

 2アシストを記録した堂安に対し、海外メディアも反応。オランダのサッカー専門誌「Voetbal International」公式ツイッターは、「堂安から最高のアクション」と活躍を称えると、米スポーツ専門局「ESPN」も公式ツイッターで「堂安が素晴らしいプレッシャーからマレンへのアシストを生み出した」と説明している。

 オランダの名門PSVは、以前から欧州ビッグクラブの登竜門としても知られている。ELで初先発を飾り、見事に目に見える結果を残した堂安。主力の座を確固たるものとし、好パフォーマンスを継続できるのか。日本期待の21歳レフティーの今後に注目が集まる。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング