バルサ対インテル戦を前に珍プレー再脚光 FK壁の「クロコダイル・ディフェンス」反響

昨年の対戦で、珍ブロックを見せたインテルDFブロゾビッチ【写真:Getty Images】
昨年の対戦で、珍ブロックを見せたインテルDFブロゾビッチ【写真:Getty Images】

同カードの対戦を前にブロゾビッチが見せたFKを守る「新しい戦術」の話題が再燃

 現地時間2日に行われるUEFAチャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ第2節で、バルセロナ対インテルという注目のカードが組まれているなか、昨季の同カードでインテルのクロアチア代表MFマルセロ・ブロゾビッチが見せたFKでの守備が再脚光を浴びている。

 バルセロナとインテルは昨季のCLでも同グループとなり、バルセロナの1勝1分という結果(2-0、1-1)に終わり、インテルはグループステージで敗退してUEFAヨーロッパリーグへと回ることになった。

 第3節に行われた同カード(2-0)では、バルセロナのウルグアイ代表FWルイス・スアレスが壁下を狙ったFKをブロゾビッチが壁の後ろに滑り込んで防ぐ、珍しいブロックが話題となった。CL公式ツイッターはそのシーンを再び公開し、2日に行われる同カードを盛り上げようとしている。

 その動画を見た人は、「エピック・ブロゾ(ブロゾビッチ最高)」と称賛するハッシュタグを付けて、そのプレーに改めて感心しているようだ。さらに、「アメージング」「美しいし、とても賢い」「パーフェクト」「フリーキックの守るための新しい戦術だな」とプレーを褒める人もいれば、「彼はいいね」「クロコダイルのようだ」とブロゾビッチを褒める投稿も数多く寄せられていた。

 今季も同様に、まずはバルサのホームで対戦することになったインテルだが、ブロゾビッチの珍ブロック動画に「インテルファンだが、バルサが1-0で勝つと思う」とネガティブなコメントを寄せるファンもいた。2年連続となった対戦はどうなるか。ファンならずとも注目の一戦だ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング