元伊代表10番“天才”トッティの華麗ヒールパス集をファン絶賛 「永遠のヒーロー」

元イタリア代表MFフランチェスコ・トッティ氏【写真:Getty Images】
元イタリア代表MFフランチェスコ・トッティ氏【写真:Getty Images】

43歳の誕生日に寄せてCL公式がプレー集を公開 「頭の後ろに目が付いている」

元イタリア代表MFフランチェスコ・トッティ氏は、2017年に現役引退するまで、下部組織から育ったローマ一筋で戦い続けた。現役時代は圧倒的なスキルでファンを魅了し続けたが、そのなかでもヒールパスに特化したプレー集をUEFAチャンピオンズリーグ(CL)公式インスタグラムが公開し、反響を呼んでいる。

 トッティ氏は1989年にローマの下部組織に入団し、1993年に16歳でトップデビュー。2000-01シーズンには18シーズンぶり3回目のリーグ優勝を達成する原動力になり、イタリア代表としても10番を背負ってワールドカップに2回出場した。2017年の引退後はディレクター職に就いていたが、今夏にクラブとの関係が悪化し、辞任するに至っている。

 CL公式インスタグラムは、トッティ氏が43歳の誕生日を迎えた27日に1本の動画を公開。「頭の後ろに目が付いている。トッティは天才だ」というコメントとともに投稿された動画は、トッティ氏が様々な局面をヒールパスで打開する、珠玉のプレーの数々となっている。ヒールパスだからこそ意味のある、予想外かつ効果的なプレーばかりだ。

 コメント欄には「史上最高のイタリア人選手」「彼こそがローマ」「レジェンド」「素晴らしい選手だった」「私の永遠のヒーロー」と称賛の言葉が並んでいた。時が経っても色褪せないスキルの数々は、これからも語り継がれていくことになりそうだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング