メッシが憧れたアイマール、“魔法”パスワークからの芸術弾に再脚光 「壮大」「マジカル」

黄金時代のバレンシアに所属していたMFアイマール【写真:Getty Images】
黄金時代のバレンシアに所属していたMFアイマール【写真:Getty Images】

CL公式インスタグラムが黄金時代のバレンシアが決めた伝説のゴラッソを回顧

 2000年代初頭の欧州サッカーと言えば、元フランス代表MFジネディーヌ・ジダンや元ブラジル代表FWロナウドらスター選手を擁し、“銀河系軍団”の異名をとったレアル・マドリードの姿を思い浮かべる人は多いだろう。圧倒的な戦力で2000-01、02-03シーズンのリーガ・エスパニョーラを制覇、01-02シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグ(CL)も制した。それと時を同じくして、1990年代後半からスペインで黄金時代を迎えていたのがバレンシアだ。CL公式インスタグラムは、そんな当時のチームが決めた伝説のゴラッソに再脚光。ファンからも「なんてチームワークだ」「マジカル」などの称賛の声が上がっている。

 1998-99シーズンのコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)優勝を果たしたチームは、翌1999-2000シーズンから2年連続でCL準優勝と欧州を席巻。さらにラファエル・ベニテス監督(現・大連一方監督)が就任した2001-02シーズンと03-04シーズンにはリーガ制覇を達成と、レアルとバルセロナの二大クラブが牛耳ってきたスペインで、当時のバレンシアは黄金時代を謳歌し、多くのファンを魅了した。

 今回CL公式インスタグラムが公開した動画は、そんな当時に生まれたゴラッソだ。舞台は02年9月17日のCLグループステージ第1節、本拠地メスタージャでのリバプール戦(2-0)。敵陣右サイドから中央にグラウンダーのパスが入ると、このボールを元スペイン代表MFダビド・アルベルダが左足で、前にいた元アルゼンチン代表MFパブロ・アイマールへワンタッチパスを通す。そしてワンツーを狙ってアルベルダが左斜め前方へ走り出すと、アイマールもダイレクトではたき、反転して縦へと走り出す。このボールをアルベルダが再び蹴ると思いきや、クロスするように左から右へ流れてきた元スペイン代表MFルベン・バラハが一歩早く反応。右足で相手DFの間を通すワンタッチスルーパスを送ると、最後はアイマールが冷静にゴール左隅へと流し込んだ。

 CL公式インスタグラムが「アルベルダ→アイマール→バラハ→アイマール」と綴り、サッカーボールと炎の絵文字とともに動画を投稿すると、コメント欄で多くのファンが反応。スペイン勢らしい美しいパスワークに「完璧」「なんてチームワークだ」「信じられない」「ファンタスティック」「壮大だ」「マジカル」「別格」など感嘆の声が上がると同時に、「アイマールはバレンシアで真の魔法だった」「メッシのアイドル」とゴールを決めたアイマールを懐かしむ声も見られた。

 バレンシアは昨季、11年ぶりにコパ・デル・レイで優勝。リーグ戦も2年連続4位、今季CLでは第1節でチェルシーに敵地で1-0勝利と復調の気配が漂う。黄金時代のようなサッカーでファンを魅了できるのか注目だ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング