中島翔哉への“激怒”事件と日本の才能の行く末 “未完”の欧州移籍がはらむ「使い捨てリスク」

“才能”優先で黙認して育てると、選手本人が苦労することになる

 欧州側が若手に望むのは、まず才能である。活躍すれば高く売れるし、ダメでも払っている金額が少ないので大した損にはならない。“完成品”である必要はなく“未完”で構わないのだ。つまり、欧州移籍したはいいが使い捨てになるリスクもそれなりにある。

 選手は欧州へ移籍したい。それに合わせて“才能”優先で、それ以外を黙認して育ててしまうと、おそらく選手本人が苦労することになると思う。

 欧州はマーケットが大きく、才能も掃いて捨てるほどの“買い手市場”だから競争原理が働いていればいいわけだが、日本は貴重な才能を潰されないように気をつけたほうが良さそうだ。

(西部謙司 / Kenji Nishibe)


page1 page2 page3

西部謙司

1962年生まれ、東京都出身。サッカー専門誌の編集記者を経て、2002年からフリーランスとして活動。1995年から98年までパリに在住し、欧州サッカーを中心に取材した。戦術分析に定評があり、『サッカー日本代表戦術アナライズ』(カンゼン)、『戦術リストランテ』(ソル・メディア)など著書多数。またJリーグでは長年ジェフユナイテッド千葉を追っており、ウェブマガジン『犬の生活SUPER』(https://www.targma.jp/nishibemag/)を配信している。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング