「クロップとシンジがいれば…」 開幕前夜にドルトムントサポーターが語った“夢のCL”

ドルトムントは、チャンピオンズリーグ初戦にしてバルセロナを迎え撃つ【写真:Getty Images】
ドルトムントは、チャンピオンズリーグ初戦にしてバルセロナを迎え撃つ【写真:Getty Images】

バルセロナとの初戦を迎えるドルトムント 欧州最高の舞台には「魔物が潜んでいる」 

 いよいよ2019-20シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ(CL)が開幕する。「DAZN」が全試合を独占放送し、日本人ファンにとっても夜更かしを重ねる戦いが待ち受けているが、今季の“死のグループ”は満場一致でグループF(ドルトムント、バルセロナ、インテル、スラビア・プラハ)だろう。その中にドルトムントも名を連ねている。そして現地時間17日(日本時間18日4時)、ドルトムントはCL初戦にしてバルセロナを本拠地に迎え撃つ。

 試合前夜、ドルトムント中央駅に降り立った。CL開幕直前にしてはやけに閑散としており、街のど真ん中にある大きな広場では帰路につく人々の足取りが目立っていたなか、明るい光を灯すパブがあった。「Brauhaus Wenkers」。ドルトムントサポーターの集うスポーツバーだ。店内に入ると、黄黒のユニフォームを着用するファンこそいなかったものの、少し耳を傾ければ「ロイス」「サンチョ」のワードが聞こえてくる。

 カウンターに腰掛けしばらくビールを嗜んでいると、隣に1人の男性客が座った。私服だったがスマートフォンのケースがドルトムント仕様だったのを確認し、思い切って「ドルトムントサポーターですか?」と声を掛けてみると、「もちろんさ!」と答え、気軽に質問に応じてくれた。38歳のヴィコーさんは20年来のファンとのことで、このスポーツバーには週に2、3度足を運んでいるようだ。

 今季のドルトムントについて尋ねると、「いい感じだよ」と笑顔を浮かべるも、CLについては「残酷なグループに入ってしまったね。バルセロナ、インテル……本当に厳しい」と両手を上げた。「CLは雰囲気が違うんだ。リーグ戦のようにはいかない。CLには魔物が潜んでいる」と、欧州の舞台ならではの緊張感があることを指摘している。最も好きだった時代について尋ねると、「ユルゲン(・クロップ)のチームだね」と即答した。

【CL開幕!登録初月無料!】2019-20シーズンのチャンピオンズリーグ・ヨーロッパリーグもDAZNが独占配信!

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング