ドイツ代表、衝撃の「世代交代」宣言から半年 賛否を呼んだレーブ改革の行方は?

ドイツ代表のヨヒアム・レーブ監督【写真:Getty Images】
ドイツ代表のヨヒアム・レーブ監督【写真:Getty Images】

EURO予選でグループ暫定首位 今年3月に起きた功労者3人への“代表引退勧告”

 ドイツ代表の世代交代は上手くいっているのか。

 9月の欧州選手権(EURO)予選ではホームでオランダに2-4と敗れたが、アウェーの北アイルランド戦には2-0で勝利し、4勝1敗でグループCの暫定首位に立っている。ただチームとして、まだ安定感があるとは言えないパフォーマンスだったのは確かだ。

 今年3月にドイツ代表のヨアヒム・レーブ監督は、FWトーマス・ミュラーとDFジェローム・ボアテング(いずれもバイエルン・ミュンヘン)、DFマッツ・フンメルス(ドルトムント)の3人を今後代表に招集しないと発表した。長年の功労者であり、特にミュラーとフンメルス(当時はバイエルン)は所属クラブでレギュラーとして活躍していただけに、ドイツ国内でも衝撃的な決断となった。

「2020年欧州選手権で、彼らのことをプランしていない」

 レーブはその理由について、こう説明している。若い選手を信頼し、彼らにチャンスを与え、成長を後押しする――。

 だが、当然のように当初は反発も大きかった。バイエルンのニコ・コバチ監督は「トーマス、ジェローム、マッツはガッカリしている。29から30歳で、すでに“もう終わった選手”と評価されるのは正しくない」と批判し、元ドイツ代表キャプテンのローター・マテウス氏は「世代交代が必要なのは理解できるが、その知らせ方とタイミングは問題だった」と指摘していた。

 一方で元レバークーゼン監督のクリストフ・ダウム氏は、「タイミングとやり方は良くない。だが私はレーブのことを信頼している。ロシアW杯直後にこうした決断をして、それぞれの選手が槍玉にあげられるのを避けようとした。これまで非常に貢献してきた選手を切ることは、間違いなく簡単なことではない。だが彼が考えるべきは今後2、3試合のことではなく、将来に向けてのプランだ」と、レーブの心境を考慮した発言をしていた。

page1 page2 page3

中野吉之伴

1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで様々なレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2016-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング