長友佑都、W杯予選白星発進も不服 世界との差を指摘「最高峰だと5点以上取っている」

日本代表DF長友【写真:Yukihito Taguchi】
日本代表DF長友【写真:Yukihito Taguchi】

敵地でミャンマーに2-0勝利も… 長友が言及「2点しか取れなかったのは課題」

 森保一監督率いる日本代表は、10日にカタール・ワールドカップ(W杯)のアジア2次予選初戦でミャンマーと対戦し、敵地で2-0と白星を手にした。自身4連続W杯出場を目指すDF長友佑都(ガラタサライ)はチームの課題を指摘しつつ、「世界最高峰の選手だと、チームとして5点以上取っている」と率直な思いを吐露している。

 5日の国際親善試合パラグアイ戦(2-0)と同じスタメン11人で試合に臨んだ日本は序盤から主導権を握った。雨が吹き荒れるなかでも攻勢を強め、前半16分にMF中島翔哉(ポルト)のミドルシュートで先制。その10分後の同26分には、MF堂安律(PSV)のクロスからMF南野拓実(ザルツブルク)が頭で押し込んでリードを広げた。

 以降も日本ペースで試合が進み、何度もチャンスを創出したがゴールは遠く、最終的に2ゴールに終わっている。試合後、長友は「あれだけチャンスを作りながら2点しか取れなかったのは課題」と言及した。

「最終的には個の力だと思う。連動して崩して、最後の精度は個の力」

 日本は90分を通じて何度も相手ゴールに迫りながら、最後の局面で精度を欠いた。長友は“個の力”を課題に挙げつつ、「世界最高峰の選手だと、チームとして5点以上取っていると思う」と世界との差に触れている。

「ビッグクラブの厳しい環境でやってほしい。僕自身もやりたいというのは、そういうところで差が出ると分かっているから」

 W杯アジア2次予選で白星スタートを切った森保ジャパンだが、その一方で世界との差を感じさせる課題も露呈した。

【CL開幕!登録初月無料!】2019-20シーズンのチャンピオンズリーグ・ヨーロッパリーグもDAZNが独占配信!

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部・大木 勇 / Isamu Oki)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング