久保のプレーはマラドーナ級? 4人翻弄テクニックに海外脱帽「アンストッパブル!」

日本代表MF久保建英【写真:高橋学】
日本代表MF久保建英【写真:高橋学】

パラグアイ戦で4人がかりの包囲網をかいくぐる絶妙ボールキープにスペインTV脚光

 日本代表MF久保建英(マジョルカ)は5日、国際親善試合パラグアイ戦(2-0)で後半45分間プレーし、チーム最多タイのシュート5本を放つなど果敢にゴールに襲いかかった。絶妙なボールキープから4人がかりの包囲網をかいくぐってパスを出した個人技が世界から注目を浴びるなか、スペインメディアは「マラドーナのような熱狂プレー」と往年の名スターを引き合いに出して称えている。

 今夏にスペイン名門レアル・マドリードに加入後、マジョルカにレンタル移籍となった久保は、今回が海外組として初めての代表活動。パラグアイ戦には2-0で迎えた後半開始から出場し、MF堂安律(PSV)がプレーしていた4-2-3-1システムの右サイドハーフに入った。

 後半10分、右サイドでパラグアイDFブラス・リベロスからボールを奪った久保が魅せる。

 中央へ行くと見せかけ、追いすがる相手を振り切ろうとヒールタッチで切り返し。リベロスの足が当たって一度はバランスを崩してピッチに手をついたが、すぐさま起き上がってボールをキープする。DFブライアン・サムディオがカバーに来てタッチライン際に追いやられるなか、細かいタッチでリベロスの足もとを抜き、行く手を阻んだDFファビアン・バルブエナとMFラモン・マルティネスの間を縫うようにFW大迫勇也(ブレーメン)へパスを通した。

 パラグアイが計4人でケアするなか、久保が自慢のテクニックで翻弄したシーンは、レアル・マドリード専門メディア「Defensa Central」は、「久保が漫画風プレーを見せ、インターネット上でフィーバー」と伝えるなど注目を集めていた。その熱は試合から2日経過しても留まるところを知らない。

 スペインのスポーツ専門チャンネル「El Chiringuito」公式ツイッターは、「アンストッパブル! 久保のマラドーナのような熱狂プレー」と綴り、同じレフティーで5人抜きゴールなどでフットボール界の歴史に名を刻むマラドーナになぞらえて称賛。18歳の新鋭アタッカーを「ファンタスティック」と評している。

 10日に行われるカタール・ワールドカップのアジア2次予選ミャンマー戦(ヤンゴン)でのプレー次第では、さらに世界から熱視線が注がれることになりそうだ。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング