日本代表、久保建英を投入! パラグアイ戦、2点リードの後半開始からピッチへ

MF久保建英は最年少ゴール記録の更新なるか【写真:AP】
MF久保建英は最年少ゴール記録の更新なるか【写真:AP】

キリンチャレンジカップのパラグアイ戦、原口と植田とともに交代出場

 日本代表は5日、キリンチャレンジカップでパラグアイ代表と対戦。前半23分にFW大迫勇也(ブレーメン)、同30分にMF南野拓実(ザルツブルク)が得点して2-0とリードして後半を迎えたなか、MF久保建英(マジョルカ)、MF原口元気(ハノーファー)、DF植田直通(セルクル・ブルージュ)の3選手が後半開始から交代出場している。

 10日のカタール・ワールドカップ(W杯)2次予選ミャンマー戦に向けた貴重なテストマッチとなった今回の一戦で、日本は1月のアジアカップで主力を務めた選手たちを中心にスタメンを構成。4-2-3-1のシステムで、攻撃陣は1トップの大迫の下に、左からMF中島翔哉(ポルト)、南野、MF堂安律(PSV)が並ぶ形となった。

 前半23分にDF長友佑都(ガラタサライ)のクロスから大迫が先制点を挙げると、7分後には中島のスルーパスからDF酒井宏樹(マルセイユ)が抜け出し、右足のクロスに南野が合わせてリードを2点に広げた。

 2-0のまま迎えた後半開始から、久保は原口、植田とともに交代でピッチに足を踏み入れる。背番号17を身に着けた久保は、堂安に代わって右サイドハーフのポジションに入った。

 久保は代表初ゴールを決めれば18歳93日での記録となり、金田喜稔氏が持つ19歳119日の日本代表最年少ゴール記録を42年ぶりに更新することになる。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング