インテルFWルカク、イタリア移籍は「正しいステップ」と自賛 「期待度は非常に高い」

インテルに移籍したFWロメル・ルカク【写真:Getty Images】
インテルに移籍したFWロメル・ルカク【写真:Getty Images】

マンUからインテルに移籍し、セリエAデビューから2戦連続ゴール

 今夏にインテルに新加入したベルギー代表FWロメル・ルカクが今回の移籍は「正しいステップだった」と語った。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じている。

 ルカクは2017年から2シーズンプレーしたマンチェスター・ユナイテッドを離れ、インテルに完全移籍。セリエAデビューから2戦連続ゴールを決めるなどし、新天地で上々の滑り出しを見せた。

 身長190センチを超える大型ストライカーは、以前から希望を公言していたイタリア移籍は自分のキャリアに必要なものだったとポジティブに語っている。

「ここへ来てとてもビッグなチームでプレーすることは分かっていた。期待度は非常に高いし、クラブの野望も正しい方向へ向かっている。だから、この移籍は僕にとって正しいステップだった。26歳で、僕は自分が好きなリーグでプレーすることで新しい発見をしたい。正しい移籍だった」

 すでにベテランの風格もあるルカクだが、アンデルレヒト時代に16歳でプロデビューを飾ってから、プロキャリアはまだ10年だ。イングランドでトッププレーヤーの仲間入りを果たしたストライカーは、イタリアの地でさらなるステップアップを目指すようだ。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング