元英代表主将DF、ファン・ダイクのUEFA最優秀選手受賞に異論 「嬉しいけど…」

ファン・ダイクは、ディフェンダーとして初めてUEFA最優秀選手賞を受賞した【写真:AP】
ファン・ダイクは、ディフェンダーとして初めてUEFA最優秀選手賞を受賞した【写真:AP】

「今、最高のCB」と認めつつも、メッシやロナウドのほうが相応しかったと持論展開

 リバプールのオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクはDFとして初めてUEFA最優秀選手賞を受賞したが、元イングランド代表DFリオ・ファーディナンド氏はアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(バルセロナ)やポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)が相応しかったのでは、と持論を展開している。英紙「ザ・サン」が報じた。

 ファン・ダイクは昨季リバプールのUEFAチャンピオンズリーグ(CL)優勝に大きく貢献。バロンドール候補にも挙げられる活躍ぶりで、2010-11シーズンに設立されたUEFA最優秀選手賞で、DFとして初の受賞者となった。

 この快挙について、マンチェスター・ユナイテッドなどで活躍したファーディナンド氏は衛星放送「BTスポーツ」で、「ファン・ダイクが今、地球上で最高のセンターバックであることに疑いはない」と賛辞を送ったうえで、受賞に相応しい選手は他にいたと語っている。

「しかし、メッシのようにシーズン50得点決めている選手や、クリスティアーノのように3つのトロフィーを獲得した選手もいる。彼は新たなチャンピオンシップや代表でも同じように結果を出した。そんな選手はいるんだ。それ以上のことはなかなか見られないよ。彼ら2人が毎年受賞するのではつまらないとみんなが言うだろう。だが、彼らのように12から15年もこれだけの記録を積み重ねている選手は見たことがない」

 ファーディナンド氏は「私もセンターバックだし、彼(ファン・ダイク)が受賞したことは嬉しい」としながらも、やはり多くの得点でチームの勝利に貢献するメッシやロナウドとの比較では見劣りすると考えているようだ。昨年、クロアチア代表MFルカ・モドリッチ(レアル・マドリード)が割って入るまで、10年間にわたってバロンドール受賞を分け合ってきたサッカー界の二大巨頭の影響力はいまだ健在であると主張した。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング