バルセロナ、日本ツアーでの“成功”と“失敗”は? 「ユニフォームを着た安部裕葵の…」

FCバルセロナ【写真:高橋学】
FCバルセロナ【写真:高橋学】

プレシーズンマッチでチェルシー、神戸と対戦して1勝1敗でフィニッシュ

 バルセロナは日本で行われた「Rakuten Cup」でチェルシー、ヴィッセル神戸と戦い、1勝1敗の成績で終えた。スペイン紙「AS」は今遠征の“良かった点”と“悪かった点”を挙げており、新加入のフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンやオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨング、日本代表MF安部裕葵についても触れている。

 記事では、良かった点と悪かった点についてそれぞれ3つ列挙。前者は「グリーズマンとデ・ヨング」、「カンテラ(下部組織)出身者の重用」、「(フランス代表FWウスマン・)デンベレの献身性」だ。

 新加入の2人についてはグリーズマンがスペイン代表DFジョルディ・アルバと好連係を見せ、デ・ヨングがスペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツと競り合える存在であることを示している。そして、エルネスト・バルベルデ監督が下部組織ならびにBチームから9人の選手を同行させたこと、また超マイペースぶりで頭を悩ませがちなデンベレもグリーズマン獲得で心が変わり始めていることにも着目している。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング