バルセロナという“敵”はどうだった? 初の古巣対決を経験したイニエスタの答えは…

“古巣”バルセロナと初対決を迎えたMFイニエスタ【写真:Noriko NAGANO】
“古巣”バルセロナと初対決を迎えたMFイニエスタ【写真:Noriko NAGANO】

色褪せぬテクニックを見せつけたイニエスタ、相手GKも全力の横っ飛びを披露

 ヴィッセル神戸は27日、RAKUTEN Cupでバルセロナと対戦し、0-2で敗戦。無得点に終わったものの、古巣と初対決を迎えた元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタは、バルセロナ守備陣を翻弄する絶妙なスルーパスやロングフィードを披露し、色褪せぬテクニックを見せつけた。試合後、初めて敵として対面したバルセロナについて振り返っている。

 試合直前に昨季までバルセロナに在籍していたベルギー代表DFトーマス・フェルマーレンの加入が発表された。神戸にとっては4人目の元バルセロナ選手を迎えることになり、イニエスタ、元スペイン代表FWダビド・ビジャ、スペイン人MFセルジ・サンペールの3名が古巣バルセロナ戦の先発に名を連ねた。

 イニエスタは前半45分のみの出場となったが、バルセロナのレジェンドとして、その存在感を見せつけるような圧巻のプレーを披露する。前半4分、ペナルティーエリア手前でパスを受けると、鋭く反転して左足の強烈なミドルシュートを放つ。これはわずかにゴール左を逸れたが、正守護神であるGKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンが全力の横っ飛びを見せており、脅威を与えていたことが窺えた。

 さらに前半10分、自陣でボールを保持したイニエスタがノールックで右サイドに大きなロングフィードを展開。走り込んでいたMF小川慶治朗へのピンポイントのパスとなり、そのままドリブル突破からビッグチャンスを演出した。神戸はボールをイニエスタに集め、バルセロナ側もイニエスタにパスが通ることを想定してプレッシングを掛けるが、ほとんどボールを失うことなく起点となり続けた。

 後半に入ると、両チーム揃って大幅な選手交代を敢行したが、神戸はイニエスタが途中交代した穴が浮き彫りとなるかのように、前半バルセロナ相手に引けを取っていなかったパスワークが影を潜めることになる。徐々にボールの支配率が一方的に傾き始め、神戸は守備に耐えてカウンターを狙う戦術へとシフトしていったが、後半14分と同41分にFWカルラス・ペレスにゴールを奪われて敗れた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング