日本代表、コパ・アメリカ出場18選手を査定 株を上げた選手・物足りない選手は?

日本代表、コパ・アメリカ出場18選手を査定【写真:Getty Images & AP】
日本代表、コパ・アメリカ出場18選手を査定【写真:Getty Images & AP】

GKは19歳大迫がA代表デビューも、ベテラン川島の壁を越えられず

 森保一監督率いる日本代表は、参戦していたコパ・アメリカ(南米選手権)で2分1敗に終わり、グループリーグ敗退を喫した。東京五輪世代18人、平均年齢22.3歳(大会開幕時)という若い陣容で臨み、現地時間20日に行われたウルグアイ戦ではFIFAランキング8位の強豪相手に2-2で引き分けた。今大会3試合で“株を上げた選手”とは誰なのか。出場全18選手を5段階(★★★★★)で査定する。

【コパ・アメリカ 日本代表の全3試合成績】
グループリーグ(GL)
第1戦 チリ戦(0-4)
[採用システム:4-2-3-1、得点:なし]

第2戦 ウルグアイ戦(2-2)
[採用システム:4-2-3-1、得点:三好2]

第3戦 エクアドル戦(1-1)
[採用システム:4-2-3-1、得点:中島]

   ◇   ◇   ◇
※選手名(所属) 3戦出場時間(チリ戦/ウルグアイ戦/エクアドル戦) 成績

■GK
川島永嗣(ストラスブール)=★★★☆☆ 180分(0/90/90) 3失点
大迫敬介(広島)=★★☆☆☆ 90分(90/0/0) 4失点 

▼未出場
小島亨介(大分) 0分(0/0/0)

 U-22日本代表の正守護神を務める小島は、GKで唯一出場なし。さらなる成長を遂げなければ、東京五輪世代のチームでもその座を脅かされるかもしれない。チリ戦でA代表デビューをした大迫は、シュート16本を浴びて4失点(セーブ3本)。ウルグアイ戦以降の2試合で先発を川島に譲ったことからも、今大会で正守護神に名乗りをあげられなかった。もっとも、その川島もウルグアイ戦では好セーブを連発したとはいえ、エクアドル戦ではビルドアップで足もとの不安を露呈。結果的に上位だが、あくまで“現状維持”といったところだ。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  4. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  5. 「史上最悪だ」 まさかのミス発覚…アーセナル10番MFの衝撃タトゥーに英反響「なんてことだ」

  6. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  7. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  8. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ

  9. 「さすがスター!」 キング・カズ&ヤス兄弟が寿司店で“神対応”、ブラックスーツの強烈オーラ反響「カッコ良すぎる」

  10. アーセナル本拠地の“3200円ピザ”に賛否 見た目と価格に「ウソだろ」「ピザ窯付いてるの?」