引退発表の“神の子”トーレスとアトレチコ 「忘れられない10の瞬間」をスペイン紙選出

アトレチコでトップデビューを果たしたトーレス【写真:Getty Images】
アトレチコでトップデビューを果たしたトーレス【写真:Getty Images】

下部組織から育った母国クラブでの印象深いシーンを現地紙が回顧

 J1サガン鳥栖の元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスが、21日に現役引退の意向を発表した。“エル・ニーニョ”(神の子)の愛称で愛されたストライカーの決断に、日本だけでなくイングランドなど各国で報じられている。そのなかでも特に大々的に扱われているのは、もちろん母国スペインだ。「マルカ」紙は「トーレスのアトレチコ・マドリードにおいて10の忘れ得ぬ瞬間」と題して、その功績を紹介している。

 1つ目に挙げたのは、「デビューと1週間以内のゴール」。2000-01シーズンのアトレチコはリーガ・エスパニョーラ2部に所属していた。現在の隆盛ぶりを考えれば信じられない話だが、5月27日のレガネス戦でトーレスはかつての聖地ビセンテ・カルデロンでデビュー。そして翌週のアルバセテ戦で途中出場し、プロ初ゴールで1-0の勝利に貢献した。

 続いて印象的なゴラッソとして、03年11月2日の敵地ベティス戦での一撃を挙げている。前半の終盤に左サイドからのクロスに対してファーサイドに走り込むと、身体を目いっぱい伸ばしたジャンピングボレーをゴール左隅に叩き込んだのだ。

 そして名門レアル・マドリードとの、ダービーマッチでの一撃も選出されている。同都市のライバルであるレアルとは、21世紀に入ってから格差を見せつけられる間柄だった。しかし06-07シーズンは、リーグ戦2試合とも1-1のドローに持ち込んだ。特にビセンテ・カルデロンでの一戦ではトーレスがGKイケル・カシージャスの牙城を打ち破り、ファンの留飲を下げさせている。

 4つ目に挙げたのは、カンプ・ノウでバルサを破った一撃。04-05シーズン、必殺の裏への抜け出しからPKを獲得し、自らPKを沈めて2-0の勝利に大きく貢献した。

 5つ目は2010年南アフリカ・ワールドカップ(W杯)で、スペイン史上初の優勝を成し遂げた時のこと。当時所属していたのはリバプールだったが、アトレチコのタオルマフラーを掲げ、前所属のチームに敬意を表したエピソードがある。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング