「引退も考えていた」 “ガラスの天才”ウィルシャー、心身が傷ついた苦悩の過去を告白

「妻に『これ以上プレーする自信がない』と言ったのを覚えている」

「フットボールのことは忘れていたよ。妻に『これ以上プレーする自信がない』と言ったのを覚えているよ。その時の出来事は、フットボールがすべてではないと気づかせてくれた」

 現在は息子の体調も良好だという。ウィルシャー自身は相変わらず足首など古傷との闘いが続くが、「彼(息子)のためにもカムバックしたい。今は彼だけじゃなく、娘もいる」と、子どもたちのためにも完全復活への意欲を燃やしている。

「イングランド最高の才能」とも称されたレフティーは、受難の時を乗り越え、再び輝きを放つことができるだろうか。

>>【PR】「DAZN」で観られるコパ・アメリカ2019 日本代表の試合日程はこちらから

(Football ZONE web編集部)


page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング