日本代表「エルサルバドル戦出場17人」を金田喜稔が採点 唯一の“5つ星”で称賛した選手は?

日本代表MF久保建英【写真:Noriko NAGANO】
日本代表MF久保建英【写真:Noriko NAGANO】

久保は“頭の中のミス”がない、どのプレーからも凄さを感じさせた

■室屋 成(FC東京/DF/←後半14分IN)=★★★

 2-0の場面で伊東に代わって右サイドへ。システムが4-2-3-1となり、右サイドバックになったことで守備面での安定も求められるなかでのプレーとなった。クロスを放つシーンもあったが、大半は久保ら攻撃陣の後方でバランスを取っていた。

■山中亮輔(浦和/DF/←後半14分IN)=★★★

 室屋とともに投入され、畠中との交代により4バックの左に入った。2-0という状況で必要以上のリスクはかけず、時折オーバーラップやクロスで存在感を示そうとしたが、大きなインパクトを残すには至らなかった。

■中島翔哉(アル・ドゥハイル/MF/←後半22分IN)=★★★

 プレー時間が短いこともあったが、見せ場は後半アディショナルタイムの仕掛けから、ペナルティーエリア手前でFKを獲得したシーンのみ。同時投入された久保にゲーム全体の雰囲気を持っていかれたのか、ボールに絡むシーン自体が普段より少なかった。

■久保建英(FC東京/MF/←後半22分)=★★★★

 ファーストプレーで仕掛けて切り返しからシュートを放つなど、どのプレーからも凄さを感じさせた。たとえ技術的なミスが起きても、久保は“頭の中のミス”がない。本当に周りが見えているから、久保にボールが渡ったら次はどんなパスを出してくれるのか、どんなフェイクで相手を翻弄するのかなど、観る者を期待させる存在感が圧倒的だった。現時点のプレースタイルを見る限り、やはり最適なポジションは全体が見渡せて縦のスペースにも仕掛けられる右サイド。堂安もポジションが確約されていないと感じさせるほどのインパクトを放った。コパ・アメリカでの活躍にも期待したい。

■柴崎 岳(ヘタフェ/MF/←後半35分)=評価なし

 試合がほぼ決したなかで小林に代わってピッチに入った。短い時間のなかで特に目立ったプレーをすることなく、無難に試合を終えた。

[PROFILE]
金田喜稔(かねだ・のぶとし)

1958年生まれ、広島県出身。現役時代は天才ドリブラーとして知られ、中央大学在籍時の77年6月の韓国戦で日本代表にデビューし初ゴールも記録。「19歳119日」で決めたこのゴールは、今も国際Aマッチでの歴代最年少得点として破られていない。日産自動車(現・横浜FM)の黄金期を支え、91年に現役を引退。Jリーグ開幕以降は解説者として活躍。玄人好みの技術論に定評がある。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング