なぜパスを選択しなかった? 17歳久保建英、“無人ゴール弾”を解説「ミスったら…」

FC東京のMF久保建英【写真:高橋学】
FC東京のMF久保建英【写真:高橋学】

久保が大分戦で2ゴールと大暴れ 終了間際に決めた一撃について言及

 首位のFC東京が1日のJ1第14節で5位の大分トリニータと対戦し、本拠地で3-1と快勝した。日本代表に初選出された17歳MF久保建英は2ゴールと活躍したなか、終了間際に無人のゴールへ向かって決めた一撃について自ら解説。「あそこでパスを出してミスったら…」と明かしている。

 6月5日(トリニダード・トバゴ戦)・9日(エルサルバドル戦)の国際親善試合に加え、同月のコパ・アメリカの日本代表メンバーに選出されたFC東京の久保の独壇場だった。

 前半30分、DF室屋成のクロスからMF橋本拳人がヘディングで合わせてFC東京が先制。さらに同39分、中盤の高い位置でボールを奪った久保がドリブルで駆け上がり、中央やや左寄りからペナルティーエリア内に進入して左足を振り抜くと、相手DFに当たりながらも鋭いボールがニアへ突き刺さった。

 1点を返されて迎えた試合終了間際、相手スローインからMFティティパンがバックパス。ハーフウェーライン近くまで上がっていた相手GK高木駿へのパスが弱く、久保がボールを奪取した。ここで他の選手にパスをする選択肢もあったが、久保は自ら持ち上がると、無人のゴールにシュートを流し込んだ。

 終了間際のゴールについて、久保は次のように語っている。

「ロスタイムも5分ありましたし、あそこで点を取れなかったら苦しく、精神的にも追い込まれていたと思うので、そういう意味でも大きな1点だったかなと思います」

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング