「416億円vs180億円」 CL決勝リバプール×トットナムの先発移籍金総額を英紙比較

トットナムは2018年夏に補強はせず、リバプールに比べて安価で選手を獲得

 これに対するトットナムは2018年夏の移籍市場での補強はゼロ。新戦力はいないが、マウリシオ・ポチェッティーノ監督の下でより完成度を高め、クラブ史上初のCL決勝にたどり着いた。レギュラー選手はエースのケインを除く10人が他クラブからの加入組だが、リバプールとの比較で見れば安価で揃えられた選手が並んでいる。

GK
ウーゴ・ロリス(←リヨン)/1200万ポンド(約17億円)

DF
キーラン・トリッピアー(←バーンリー)/350万ポンド(約4億9000万円)
トビー・アルデルヴァイレルト(←アトレチコ・マドリード)/1150万ポンド(約16億円)
ヤン・ヴェルトンゲン(←アヤックス)/800万ポンド(約11億円)
ダニー・ローズ(←リーズ・ユナイテッド)/100万ポンド(約1億4000万円)

MF
ルーカス・モウラ(←パリ・サンジェルマン)/2500万ポンド(約35億円)
ムサ・シソコ(←ニューカッスル)/3000万ポンド(約42億円)
クリスティアン・エリクセン(←アヤックス)/1150万ポンド(約16億円)
ソン・フンミン(←レバークーゼン)/2200万ポンド(約31億円)
デレ・アリ(←MKドンズ)/500万ポンド(約7億円)

FW
ハリー・ケイン(下部組織出身)/―

■合計 1億2950万ポンド(約180億円)

 両チームともに生え抜き選手が1人ずつでの査定だが、移籍金合計額はリバプールがダブルスコア以上の差で上回った。

 リバプールは近年、ファン・ダイクやアリソンなど人気銘柄に大金を投じた補強が目立つ。その一方で、トットナムはロリスやアルデルヴァイレルト、エリクセン、ローズなどを格安で獲得。これらの選手は現在の市場価格が移籍金を上回っており、トットナムの的確な補強ぶりが表れている。

「ザ・サン」紙はこの検証結果を「リバプールXI(イレブン)の驚くべきコスト、3億3150万ポンドはスパーズXIの1億2950万ポンドを小さく見せている」と報じた。

 この“前哨戦”はリバプールの圧勝となったが、決勝のピッチで栄冠を手にするのはどちらのクラブとなるだろうか。

【PR】CL決勝はDAZN独占放送! トッテナムvsリバプールのプレミア対決をDAZNで!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング