“誤審”に屈せず大逆転も…勝者の湘南に残ったわだかまり 「腹立たしい」の真意とは?

逆の立場だったら? 曺監督が仮定の質問に回答「キックオフゴールを指示したかも…」

 一方で、選手はどのような状況だったか。梅崎は「(選手の間での意見は)ゴチャゴチャしてないですね」と語り、試合をボイコットするような意見は出なかったと証言している。

「切り替えてではないけど、ベルマーレらしく一致団結して強いエネルギーで向かって奇跡を起こそうと、同じ思いになった部分はあると思います。チョウさんも、ノーゲームにしても良いぞとハーフタイムに言ったんですけど、俺らは絶対に逆転しようという思いで臨んだので」

 結局、後半の湘南は4バックへのシステムチェンジもしてリスクも背負いながら、攻撃的な姿勢でゲームを運んだ。浦和のカウンターで危険な場面もあったが、梅崎は「内容を見れば奇跡でもなんでもないところまでできたかなと思います」と、その戦いぶりに手応えを話した。

 明らかなゴールだった前半の一撃について、曺監督は「僕は浦和レッズの監督ではないので、彼らの反応に言及すべきではない」としたうえで、逆の立場だったらという仮定の質問にもこう話している。

「湘南の選手にそういうことが起きた時に、もし選手たちが『ゴールインでした』という顔をしていたら、もしかしたら次のプレーでキックオフゴールを与えることを指示したかもしれないですけど、自信はないです。浦和の選手が早く始める気持ちも分かるし、レフェリーが決めることなので、ノーゴールと言えば彼らはそのまま進めるべきですし、良かったとも悪かったとも思わない」

>>【PR】海外サッカー通のFC東京DF太田宏介 “見てもらえる”喜びと「DAZN活用法」

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング