浦和vs湘南で大誤審 海外メディアもJリーグに衝撃「奇妙なミス」「明らかなゴール」

湘南MF杉岡大暉の明らかなゴールがノーゴール判定となる誤審が起きた【写真:荒川祐史】
湘南MF杉岡大暉の明らかなゴールがノーゴール判定となる誤審が起きた【写真:荒川祐史】

前半31分、湘南MF杉岡のシュートがネットを揺らすもノーゴール判定

 17日のJ1リーグ第12節浦和レッズ対湘南ベルマーレで、湘南MF杉岡大暉の明らかなゴールがノーゴール判定となる誤審が起きた。一時0-2と劣勢に立たされた湘南だが、そこから3ゴールを奪う大逆転劇を飾ったなか、前半途中のジャッジを巡って海外メディアは「奇妙なミス」「明らかなゴール」と衝撃を受けている。

 浦和の2点リードで迎えた前半31分に問題のシーンが起きた。湘南MF杉岡がシュートを放ち、右ゴールポストを叩いて左サイドネットを揺らす。止められなかった浦和GK西川周作も悔しそうな仕草を見せ、味方のキックオフを促すように前方へボールを投げた。

 ところがその直後、山本雄大主審はゴールが入っていないと判断し、西川が投げたボールに対してプレー続行を指示。浦和の選手たちはそのまま高速カウンターを発動して湘南ゴールに迫り、この日1ゴールのFWアンドリュー・ナバウトが湘南GK秋元陽太と1対1の場面を迎えた。これはゴールにならなかったが、この接触でナバウトは負傷交代している。

 湘南側が猛抗議するもゴールは認められずにゲームが再開。それでも湘南は後半2分、同34分とMF菊地俊介がゴールを決めて2-2に追いつくと、アディショナルタイム4分にDF山根視来が値千金の逆転ゴールを叩き込む。誤審で良い流れが止まったかに思われたが、不屈の精神で湘南が逆転勝利を飾った。

>>【PR】海外サッカー通のFC東京DF太田宏介 “見てもらえる”喜びと「DAZN活用法」

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング