衝撃の“大誤審”も浦和撃破! 湘南の逆転劇に日本代表MFが感激「凄いぞ」「不屈」

シント=トロイデンの日本代表MF遠藤航【写真:Getty Images】
シント=トロイデンの日本代表MF遠藤航【写真:Getty Images】

遠藤航の古巣となる浦和と湘南が激突、誤審に揺れるも…圧巻の逆転劇に興奮気味

 17日のJ1リーグ第12節浦和レッズ対湘南ベルマーレで、湘南MF杉岡大暉の明らかなゴールがノーゴール判定となる誤審が起きた。一時0-2と劣勢となった湘南だが、後半に3ゴールを奪う大逆転勝利を飾り、日本代表MF遠藤航(シント=トロイデン)が「凄いぞ、湘南!!!」とツイッターで興奮気味のメッセージを発信した。

 浦和の2点リードで迎えた前半31分に、まさかの出来事が起きる。湘南MF杉岡がシュートを放ち、右ゴールポストを叩いて左サイドネットを揺らした。明らかなゴールで、浦和のGK西川周作も味方のキックオフを促すように前方へボールを投げた。

 ところが山本雄大主審は、杉岡のシュートが入っていないと誤認した模様で、そのままプレー続行を指示。歓喜に沸いていた湘南の一部選手を尻目に浦和が高速カウンターで相手ゴールに迫ると、この日1ゴールのFWアンドリュー・ナバウトが湘南GK秋元陽太と接触。ナバウトは負傷して緊急交代となった。

 直後に一連のプレーを巡って紛糾し、約6分間試合が中断したが、結局ノーゴール判定のまま試合は再開。それでも湘南の選手たちは気落ちせず、後半に圧巻のパフォーマンを披露する。

 後半から投入されたMF菊地俊介が同2分にゴールを決めて反撃の狼煙を上げると、同34分に再び菊地がゴールを決めて2-2に追いつく。そのままドロー決着かと思われたアディショナルタイム4分、DF山根視来が値千金の逆転ゴールを叩き込み、湘南が逆転勝利を飾った。

【PR】イニエスタ、ビジャ、クエンカ、サンペール! 元バルサ戦士を観るならDAZN!

>>【PR】海外サッカー通のFC東京DF太田宏介 “見てもらえる”喜びと「DAZN活用法」

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング