「難しいジャッジもあった」 殊勲弾の湘南DF、後半3発の大逆転に「いいゲームができた」

疑惑の判定は「自分たちがコントロールできないことなので、それはしょうがないし…」

試合後、インタビューを受けた山根は「難しいジャッジもあったなかで、自分たちにスポットを当てて絶対に逆転するぞとやってきた。逆転できて良かったです」と、まずはチーム一丸となってつかんだ大逆転勝利を喜んだ。そしてインタビュアーから、ハーフタイムに指揮官からどんな指示があったかを問われると、「自分たちがコントロールできないことなのでそれはしょうがないし、それもサッカーなので。自分たちがしっかり逆転して、これを勝ったら絶対に成長できると。後半は本当にいいゲームができたと思います」と、苦境をはね返したチーム全体の勝利と強調した。

 明らかな誤審により反撃の1点が取り消され、湘南の誰もがやり場のない怒りを抱きながら、0-2で迎えた後半に怒涛の3ゴール。決勝ゴールを叩き込んだ殊勲の山根はもちろん、湘南全選手の気迫が呼び込んだドラマチックな大逆転劇となった。

>>【PR】海外サッカー通のFC東京DF太田宏介 “見てもらえる”喜びと「DAZN活用法」

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング