FC東京、MF久保建英の決勝点で首位キープ! 開幕11戦無敗の快進撃が続く

FC東京MF久保建英【写真:Getty Images】
FC東京MF久保建英【写真:Getty Images】

後半39分にMF久保建英が左足のボレーシュートで決勝弾

 J1首位を走るFC東京は12日、J1第11節でジュビロ磐田と対戦し、1-0で勝利を収めた。FC東京の17歳MF久保建英が左足のボレーで決勝点。開幕11戦無敗となり、首位の座をキープした。

 後半39分、元日本代表DF太田宏介が左CKを中央に入れると、混戦から磐田DFがヘディングでクリア。FC東京の背番号15はこのボールを見逃さなかった。誰よりも早くルーズボールに到達し、左足の絶妙なボレーでGKカミンスキーを破って待望の先制ゴールを手にしている。

 勢いに乗るFC東京は攻勢を強め、チャンスを立て続けに作っていくが、追加点は奪えず。それでも最後まで1点のリードを守り切った。FC東京はこれで開幕から11戦無敗。勝ち点を「27」まで積み上げ、首位を快走している。

>>【PR】海外サッカー通のFC東京DF太田宏介 “見てもらえる”喜びと「DAZN活用法」

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング