“傷心”メッシを挑発したボールボーイの侮辱行為、世界に波紋 「想定外の悪ふざけ」

険しい表情で歩くメッシ【写真:Getty Images】
険しい表情で歩くメッシ【写真:Getty Images】

CL準決勝の試合終了直後、敵地のボールボーイが2本指を立てるジェスチャー

 バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは現地時間7日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)準決勝第2戦のリバプール戦に先発フル出場するも、チームは敵地で0-4と大敗。2戦合計3-4と壮絶な逆転負けを喫した。不発に終わったメッシに対し、試合直後にボールボーイが侮辱行為に及んだことが波紋を呼んでおり、反響は世界にも拡大している。

 1日に行われた本拠地カンプ・ノウでの第1戦を3-0と大勝を収めたバルセロナは、4日のリーガ・エスパニョーラ第36節セルタ戦(0-2)では、主力11人全員を先発から外す温存策に踏み切り、メッシを筆頭としたベストメンバーが万全な状態で敵地アンフィールドでの第2戦を迎えた。しかし、バルセロナ優勢と見られていたなかで、試合は予想外のシナリオを描いていく。

 前半7分にリバプールのベルギー代表FWディボック・オリギに先制点を決められると、後半9分、11分に途中出場のオランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥムに立て続けにゴールを奪われ、合計スコアで3-3と並ばれてしまう。そして同34分、CKで一瞬の隙を見せたバルサは、クイックリスタートから再びオリギに叩き込まれ、エジプト代表FWモハメド・サラーとブラジル代表FWロベルト・フィルミーノを欠いた手負いのリバプール相手に、まさかの大逆転負けを喫することになった。

 第1戦で2ゴールを決めたメッシだが、第2戦ではリバプールの強固な守備に苦しみ不発に終わった。試合終了直後、悔しさを押し殺すような険しい表情でピッチを歩いていると、ボールボーイがメッシの横を駆け抜けながら2本指を立てた“裏ピース”を見せた。イングランドにおいて“裏ピース”は最大の侮辱行為と見なされていることもあり、このワンシーンは波紋を呼んでおり、その反響は世界に拡大している。

【PR】リバプールが強豪バルセロナに奇跡の大逆転劇! 2年連続となるCL決勝進出へ

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング