「胸が張り裂ける写真」 悲劇アヤックス、崩れ落ちた決定的瞬間に騒然「苦痛の解剖図」

敗戦にうなだれるアヤックスFWツィエク【写真:Getty Images】
敗戦にうなだれるアヤックスFWツィエク【写真:Getty Images】

トッテナムに土壇場の決勝弾を喫したアヤックス 失点の瞬間にピッチに倒れ込んだ光景が話題に

 アヤックスは現地時間8日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)準決勝第2戦でトットナムと対戦し、ホームで2-3と敗戦。2戦合計3-3のアウェーゴール差で敗退を余儀なくされた。後半アディショナルタイムで逆転される土壇場の決勝弾を喫した際、アヤックスの選手たちが絶望に打ちひしがれ倒れ込む光景が「胸が張り裂ける写真」「苦痛の解剖図」と話題を呼んでいる。

 敵地で行われた第1戦を1-0で制したアヤックスは、決勝進出に向けこれ以上ないスタートを切る。前半5分にCKからオランダ代表DFマタイス・デ・リフトが頭で叩き込み先制すると、同35分にモロッコ代表MFハキム・ツィエクが強烈な左足の一撃をゴール右に突き刺し、合計スコア3-0という圧倒的に優位な立場で前半を折り返した。

 しかし、後半に状況が一変する。後半10分、鋭いカウンターからブラジル代表FWルーカス・モウラにネットを揺らされると、同14分にもモウラにこぼれ球を押し込まれてしまう。2-2のまま終わればアヤックスの勝ち上がり、3点目を奪われればアウェーゴール差でトットナムに軍配が上がるという緊迫した展開を迎えたが、ドラマは試合終了間際に待っていた。

 後半アディショナルタイムは5分間設けられたが、ぴったり5分に差し掛かった場面でモウラにハットトリックとなる決勝弾を許し、この瞬間を耐えれば試合終了というラストプレーでアヤックスは痛恨の被弾。3連続失点の壮絶な逆転負けでベスト4敗退を強いられた。

 海外メディアは決勝進出が手中からこぼれ落ちる3失点目を喫した瞬間にアヤックスの選手たちが打ちひしがれて倒れ込む光景に注目。米紙「ビジネス・インサイダー」は「胸が張り裂ける写真がアヤックスの惨劇を物語っている」と見出しを打って報じ、「アヤックスの選手たちはピッチに崩れ落ち、他の選手たちもユニフォームで頭部を覆った」と伝えていた。

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング