失意メッシ、ミックスゾーン“無言の通過”に海外注目 「悲しみの姿を見ることに…」

CL準決勝第2戦、不発に終わったFWメッシ【写真:AP】
CL準決勝第2戦、不発に終わったFWメッシ【写真:AP】

バルセロナはリバプールに歴史的な逆転負け メッシは不発に終わる

 バルセロナは現地時間7日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)準決勝第2戦でリバプールと対戦し、敵地で0-4と大敗。合計スコア3-4でまさかの大逆転負けを喫した。不発に終わったアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが試合後、物凄い剣幕でミックスゾーンを足早に立ち去るワンシーンが話題を呼んでいる。

 1日に行われた本拠地カンプ・ノウでの第1戦を3-0と大勝を収めたバルセロナは、4日のリーガ・エスパニョーラ第36節セルタ戦(0-2)では、主力11人全員を先発から外す温存策を敢行。メッシを筆頭としたベストメンバーが万全な状態で敵地アンフィールドでの第2戦を迎えた。しかし、バルセロナ優勢が濃厚とされた試合は誰もが予想しなかった展開を迎えることになる。

 前半7分にベルギー代表FWディボック・オリギに先制点を与えてしまうと、後半9分、11分にオランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥムに立て続けにゴールを奪われ、合計スコアで並ばれてしまう。そして同34分、CKから再びオリギに一撃を浴びせられ、エジプト代表FWモハメド・サラーとブラジル代表FWロベルト・フィルミーノら主力を欠いた手負いのリバプールを相手にまさかの大逆転負けを喫することになった。

 第1戦では2ゴールを決めたメッシだが、第2戦ではリバプールの強固な守備網に苦しみ不発に終わった。絶好調を維持するメッシにとっては、今季経験していないような完全な封殺を受けることになったが、4年ぶりの欧州制覇を逃すことになった試合後、物凄い剣幕で足早にミックスゾーンを立ち去る姿が話題となっている。

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング