「歴史上最大の逆転劇」 リバプールの“衝撃的カムバック”に世界騒然「誰が予想した?」

劇的な逆転突破で2年連続の決勝進出を決めたリバプール【写真:Getty Images】
劇的な逆転突破で2年連続の決勝進出を決めたリバプール【写真:Getty Images】

0-3で迎えた第2戦でバルサに4-0快勝、2年連続のCL決勝進出

 リバプールは現地時間7日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)準決勝第2戦でバルセロナと対戦し、ホームで4-0と快勝。2戦合計スコア4-3で歴史的な大逆転突破を成し遂げた。“アンフィールドの奇跡”と呼べる衝撃的な結末に、世界各国のメディアが騒然としている。

 敵地カンプ・ノウで行われた1日の第1戦で0-3と大敗を喫したリバプールは、大黒柱のエジプト代表FWモハメド・サラーとブラジル代表FWロベルト・フィルミーノを負傷で欠き、“飛車角落ち”という絶体絶命の状況でホームにバルセロナを迎え撃った。

 バルセロナ優勢との下馬評のなか、試合は開始早々にいきなり動く。前半7分、ベルギー代表FWディボック・オリギが先制点を奪うと、さらに後半9分、11分にオランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥムがゴールを奪い、スコアをタイに戻すことに成功。そして同34分、CKからオリギが再びネットを揺らし、ついに合計スコアをひっくり返す。試合はそのまま終了し、奇跡の大逆転突破を手繰り寄せた。

 英衛星放送「スカイ・スポーツ」は「衝撃的なカムバックで決勝へと進出」と見出しを打ち、「フットボールの歴史上最大の逆転劇」と伝えた。また、英紙「ガーディアン」も「一体誰が予想した? どんな言葉を使っても誇張表現にはならない」と興奮気味に主張していた。

 さらに、称賛は英国内にとどまらず、米紙「ワシントン・ポスト」も「リバプールがショッキングな番狂わせでバルセロナに衝撃与える」と報じ、独紙「キッカー」は「リバプールが奇跡を起こした!」と綴り、「クレイジーな結末を迎えた」と表現している。誰もがバルセロナの決勝進出を疑わなかったなか、主力の離脱が続出している手負いのリバプールがサッカー史に残る奇跡を呼び起こしてみせた。

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング