17歳久保建英、なぜ高速FKを蹴れるのか 恩師証言「小5から続けていること」とは?

FC東京の17歳MF久保建英【写真:Getty Images】
FC東京の17歳MF久保建英【写真:Getty Images】

小学5年生から久保を指導するプロトレーナーの木場氏 ルヴァン杯鳥栖戦のゴールを解説

 8日にルヴァンカップBグループの第5節が行われ、秩父宮ラグビー場ではFC東京がベガルタ仙台と対戦する。4月10日には同会場で55年ぶりのサッカー公式戦として第2節FC東京対サガン鳥栖が行われ、FC東京が1-0と勝利を収めているが、この一戦で存在感を発揮したのがFC東京の17歳MF久保建英だ。久保は7日に発表されたU-20W杯に向けた日本代表メンバーに招集されず、一部報道では同時期に行われるコパ・アメリカに臨む日本代表に選ばれるとも言われている。

 鳥栖戦の後半39分、久保は右サイドで得たFKのキッカーを務め左足を振り抜くと、ライナー性の鋭いシュートがファーサイドに突き刺さった。これが今季公式戦初得点。ひと振りで勝ち点3を手繰り寄せた。

 この一撃に感嘆の声を上げたのが、久保が小学5年生の頃からトレーニング指導に当たり、バルセロナのカンテラ(下部組織)時代から知るプロトレーナーの木場克己氏だ。鋭い腰の回転から放たれたファインゴールについて、次のように解説する。

「脇腹、お尻、膝周りの強化が生きていますね。あとはひねる筋肉である腹斜筋。振りが速いのは、インナーマッスルとアウターマッスルに同時に刺激を入れながらのトレーニングをやっているから。パワーを溜めることができている感じがします」

 木場氏は体幹・体軸・バランスを強化する「Koba式体幹・バランストレーニング」の開発者であり、かつてガラタサライDF長友佑都の体幹トレーニングを指導。現在は鹿島アントラーズFW安部裕葵らトップアスリートが師事するスペシャリストだ。

>>【PR】海外サッカー通のFC東京DF太田宏介 “見てもらえる”喜びと「DAZN活用法」

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング