ユベントス、なぜCL8強敗退? ピルロとデル・ピエロの2大レジェンドが敗因指摘

ユベントスはCLベスト8で姿を消すことになった【写真:Getty Images】
ユベントスはCLベスト8で姿を消すことになった【写真:Getty Images】

第2戦でアヤックスに1-2敗戦 ピルロ氏「同点ゴールを奪われ、少しバラバラになり…」

 イタリア王者ユベントスは、現地時間16日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝の第2戦、アヤックス戦で1-2の敗戦を喫し、初戦の1-1ドローと合わせて敗退に追い込まれた。このホームゲームを衛星放送局「スカイ・スポーツ」のコメンテーターとして解説した2人のレジェンドは、その敗因を指摘している。

 ユベントスは前半28分にコーナーキックからポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが先制ゴール。しかし、その6分後に同点とされると後半はペースを握れずに勝ち越しゴールを許して敗退に追い込まれた。

「最初の30分は良かった」と切り出したのは、ユベントスの中盤でゲームメークをしてきた“マエストロ”こと元イタリア代表MFアンドレア・ピルロ氏だった。ピルロ氏は「同点ゴールを奪われた後に、ユベントスは少しバラバラになり、相手に脅威を与えられなくなった。(ミラレム・)ピャニッチと(フェデリコ・)ベルナルデスキは疲れてしまった。アヤックスは実力で試合を制し、勝利に値した。(マッシミリアーノ・)アッレグリ監督はすべてのオプションを持てなかった」と、試合を振り返っている。

 一方、1996年の優勝を知る“ファンタジスタ”こと元イタリア代表FWアレッサンドロ・デル・ピエロ氏は「ユベントスには武器が少なかった。それがアトレチコ戦(第2戦3-0勝利で逆転突破)との違いだ」と話す。そして、初戦で途中出場したブラジル代表MFドウグラス・コスタが負傷欠場したことの大きさを指摘した。

「アヤックスは自陣で上手くボールをつなぎながら、ユベントスを走らせることによって疲れさせた。初戦からの比較で言えば、ドウグラス・コスタはチームに勇気を与えるパフォーマンスで相手にギャップを生み出していたが、そうした存在がいなかった」

【PR】アヤックスが強豪レアル、ユベントスを撃破し22シーズンぶりのベスト4進出! CLを制すのはどのクラブ?

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング