なでしこJは「技術に優れ、クレバー」 独代表の声で再確認した“武器”とW杯への課題

先制点を決めたMF長谷川(中央)は、相手GKのミスを見逃さなかった【写真:Getty Images】
先制点を決めたMF長谷川(中央)は、相手GKのミスを見逃さなかった【写真:Getty Images】

なでしこJは「十分なほどゴール前ではクレバーで、技術的にも優れている」

 フォス=テクレンブルク監督は日本の組織だったプレスに苦しんだことを素直に認めたうえで、「テストゲームでは選手の適性を見定める必要もある。若い選手を起用していた。誰がこの状況で正しい判断ができるのか、可能性を持った選手は誰なのかを見極めようとした」と、前半の意図について語っていた。ベンチ前からの声かけが、ほぼ「シンプルに、シンプルに!」という言葉だった理由は、誰がどのように状況を判断し、対応するかを観察したかったからだろう。

「今はチームを作り上げるプロセスにいる段階であり、そのなかでの試合。満足のいく試合ではなかったけど、それもプロセス。大事なのはリアクションで、それを後半見せてくれたのが良かった。今日は多くの選手が、過密日程で疲れを抱えていたのも(苦戦した)要因だった」

 チーム作りにおいて常に好プレーで、好試合で、好結果を挙げることができれば言うことはない。だが成長のためには、課題が表面化することが大事でもある。そうした時期にいることを、フォス=テクレンブルク監督は分かっているし、日本も同じ時期にいることを理解している。だから一つひとつのプレーに神経質になりすぎることもない。

 試合はドイツGKアルムート・シュルトの思いもよらぬ凡ミスで、日本が先制点を挙げることになった。前半35分、ペナルティーエリアを少し出たところでボールを持ったシュルトは、すぐ近くにいる味方にパスを出そうとしたが足を引っかけてしまい、ボールをMF長谷川唯へプレゼントしてしまった。「技術的などうしようもないミス」とシュルトは、試合後に自身のミスに腹を立てながらも、「日本代表は、そのミスを得点につなげるには十分なほどゴール前ではクレバーで、技術的にも優れている」と、そのミスを見逃さずに2得点を挙げた日本を称えていた。

 なるほど、ゴール前におけるクレバーさ、技術の高さがあるというのは素晴らしい。では、なでしこジャパンはどのように相手のゴール前へボールを運ぶべきなのだろうか。

中野吉之伴

1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで様々なレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2016-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング