なでしこJは「技術に優れ、クレバー」 独代表の声で再確認した“武器”とW杯への課題

セカンドボールを拾えず、後半に劣勢を強いられる

 そして後半、セカンドボールのほとんどをドイツに取られていた点にも注目する必要がある。五分五分のボールをマイボールにできるかどうかは、試合の流れをつかむうえで大きな要因となるからだ。

 フォス=テクレンブルク監督が後半のドイツのプレーについて、「(選手が)ボールに対する勢い、前への意欲というのを見せてくれた」と評価していたが、日本はここでどのようにボールを回収できるかが重要だ。予測、ポジショニング、スピードは大事だが、それに加えてマイボールにしてみせるという意欲、勢い、フィジカルコンタクト、そしてそれを一人だけではなく、グループ、チームとして共有し、やり通すことができるかどうかがカギとなる。

 フランスとドイツ。欧州強豪との二つのテストマッチから、なでしこジャパンはさまざまな課題を持ち帰ることができた。課題が出たというのは、プレーを向上させるためのヒントを得たということにもなる。高倉監督と選手は、それをどう生かすのか。W杯本番までに可能な限り落とし込み、最高の準備をして本大会に挑みたい。

中野吉之伴

1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで様々なレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2016-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング