消えるドリブル? 天才アザールの片足ダブルタッチ&股抜きに騒然「信じられない」

チェルシーMFアザール【写真:AP】
チェルシーMFアザール【写真:AP】

EL準々決勝スラビア・プラハ戦で相手選手2人を手玉に取る絶妙なテクニックを披露

 チェルシーは現地時間11日、UEFAヨーロッパリーグ(EL)準々決勝第1戦でスラビア・プラハ(チェコ)に1-0で勝利した。敵地で膠着した展開が続くなか、スペイン代表DFマルコス・アロンソの決勝ヘッド弾で勝負は決したが、大会公式ツイッターは10番を背負うベルギー代表MFエデン・アザールの華麗な片足ダブルタッチ股抜きにスポットライトを当てている。

 試合は0-0のまま推移し、スコアレスドローでの決着も考えられたなか、後半41分にチェルシーがブラジル代表FWウィリアンの絶妙なクロスからアロンソがヘディングシュートを決め、敵地で辛くも勝利を手にした。

 そのなかで、EL公式ツイッターがこの日行われた全試合の中から「ベストスキル」に認定したのが、後半14分から途中出場したアザールのワンプレーだった。

 後半45分、自陣でボールを拾ってドリブルを開始したアザールに対し、スラビア・プラハも2人がかりでプレッシャーをかけ、左サイドのタッチライン方向に追いやる。しかし、アザールはここで、右足アウトサイドで左から右へ急激に方向展開。直後にボールを右足インサイドで縦に出し、チェコ代表DFアレックス・クラールの股下を抜く。そして自身も相手選手2人の間を縫って抜け出し、鮮やかに置き去りにしてみせた。

 EL公式の投稿に対しては、「信じられない」「マジシャン」「メッシがドリブル王なら、アザールはドリブル王子」「史上最高」といった称賛の言葉が多数寄せられ、スラビア・プラハDFクラールが一瞬アザールの姿を見失ったことから「消えるドリブル?」という書き込みも見られた。

 レアル・マドリード移籍が噂されるアザールだが、その価値はさらに高まっていきそうだ。

【PR】毎週末繰り広げられる全世界の熱戦。プレミア、リーガ、CL…あなたのスマホでDAZNを!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング