W杯日本の14秒弾彷彿! 磐田GKアシストの珍プレー、“8秒高速カウンター弾”の衝撃

今季加入したルクセンブルク代表FWロドリゲス【写真:Getty Images】
今季加入したルクセンブルク代表FWロドリゲス【写真:Getty Images】

強烈インパクト、ロシアW杯で日本が喫した“14秒高速カウンター弾”を連想

 それは昨夏のロシア・ワールドカップ(W杯)16強ベルギー戦(2-3)で、日本代表が後半アディショナルタイムに喫した失意の“14秒高速カウンター弾”を彷彿とさせる。

 ベスト8進出を懸けてロストフでベルギーと激突したなか、2-2で迎えた後半アディショナルタイムに勝敗を分けるプレーが生まれた。MF本田圭佑が蹴ったCKを相手GKティボー・クルトワがキャッチ。そこからMFケビン・デ・ブライネ、DFトーマス・ムニエとつなぎ、FWロメル・ルカクのスルーから最後はMFナセル・シャドリがゴールを決めた。“ロストフの14秒”は多くの人の脳裏に今も刻まれている。

 磐田の後半アディショナルタイム弾は、そんなW杯ベルギー戦のゴールを連想させるほどの強烈なインパクトを残した。

>>【PR】海外サッカー通のFC東京DF太田宏介 “見てもらえる”喜びと「DAZN活用法」

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング