「CLを象徴するゴラッソ」 インテル名手の“伝説的50mボレー弾”に再脚光「魔法を目撃」

インテル時代の元セルビア代表MFスタンコビッチ氏(左)【写真:Getty Images】
インテル時代の元セルビア代表MFスタンコビッチ氏(左)【写真:Getty Images】

CL公式インスタグラムが公開、スタンコビッチ氏がシャルケ戦で決めた圧巻の一撃

 今季のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)もベスト8まで進んでいる。すでに多くのゴラッソがファンを湧かせているが、CL公式インスタグラムは8年前にインテルに所属していた元セルビア代表MFデヤン・スタンコビッチ氏の超絶ロングボレー弾に再脚光を当て、動画を公開。「CLを象徴するゴラッソ」「魔法を目撃した」とファンの間でも反響を呼んでいる。

 今季のCLではイングランド勢が躍進。最多となる4チーム(マンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッド、リバプール、トットナム)がベスト8に勝ち進んでおり、その他にはバルセロナ、ユベントス、アヤックス、ポルトが準々決勝の舞台へと進んでいる。

 一方、CL公式インスタグラムは「インテルの英雄スタンコビッチの信じられないボレー」と文章を添え、2010-11シーズンのCL準々決勝で当時日本代表DF長友佑都(現ガラタサライ)が在籍していたインテルの名手スタンコビッチ氏が決めた度肝を抜くスーパーゴールに再脚光を当てている。

 2011年4月にホームで行われた準々決勝第1戦、この日先発出場を飾っていた元日本代表DF内田篤人(現鹿島アントラーズ)が在籍するシャルケとの一戦で相手GKマヌエル・ノイアー(現バイエルン・ミュンヘン)の前に飛び出したダイビングヘッドによる大きなクリアボールに対し、ハーフウェーライン付近に位置していたスタンコビッチがダイレクトで右足を一閃。矢のように放たれたシュートはノイアーが戻り切れていない無人のゴールへと突き刺さった。

 伝説的な50mボレー弾の回想にコメント欄では「ノイアーに手痛い後悔を与えた」「このゴラッソは記憶に残る」「CLを象徴するゴラッソ」「魔法を目撃した」「アメージングだ」「なんてフィニッシュなんだ!」「ファンタスティックな一撃」とファンの間でも反響を呼んでいた。

 最終的にインテルはシャルケに5失点を喫し、2-5と惨敗を喫した。それでもスタンコビッチ氏が決めた一撃は、現在でも語り継がれるスーパーゴールであることには間違いない。

【PR】イスタンブールの奇跡、史上初のプレミアリーグ対決など過去のUCL決勝を振り返ろう!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング